リボ払いとは

リボ払いとは

クレジットカードの支払方法はいろいろな方法がありますが、月々に決められた額を支払って行く方法をリボルビング払い・リボ払いと言います。
分割払いは利用額に応じて支払額が変わるのに対し、リボ払いはどんなに高い買い物をしたとしても支払額は一定です。

例えば月1万円のリボ設定で、10万円の買い物をしたとします。
最初の月では1万円支払われ、残高は9万円。
翌月にはまた1万円が支払われ、残高は8万円という風に進んで行きます。
例え途中で新たに買い物をしたとしても、月1万円の支払いはカード会社に申請しない限り変わる事はありません。
店によってはリボ払いに対応していない所もありますが、リボ専用のカードであれば一括払いとして処理されたとしても、リボ払いとして支払われます。

ただし利用するには、管理はしっかりとしなければいけません。
リボ払いは月々決められた額を支払う方法です。
つまり残高がある限りは、支払いはずっと続いて行きます。
しかも手数料もかかるので支払い期間が長引けば長引く程、支払い総額も膨大なものになってしまいます。

利用するには、現在何の買い物でリボ払いが行われているのかをしっかりと把握しなければいけません。
全額支払いの目処が立っていないにも関わらず、新しく買い物をすればその分の負担はかかってしまいます。
最初の内は大丈夫かもしれませんが、繰り返してしまうと"無限の借金地獄"へと入り込んでしまいます。

クレジットカードでの破産は、このリボ払いが引き金となっているケースが非常に多いのです。
便利な支払い方法ではありますが、少しでも使い方を間違ってしまうとと大変な事になります。本当にご利用は計画的に行いましょう。